子宮がん検診を受けた後に注意すること

子宮がん検診を受けた後に注意すること

女性は子宮という特別な臓器を持っていることから、三十代に入れば、子宮がん検診を定期的に受けるべきだという運動が推奨されており、近年では各自治体のほうからも、無料クーポン券付きの検診の案内を配布するなど、より女性たちに検診の大切さを知ってもらおうと積極的に動いています。そんな子宮がん検診は、問診の後、実際に医師が触診や超音波検査を行い、子宮内に異常がないかどうかをしっかりと診察します。検査の内容としては、子宮内に器具を挿入することもあり、体質によっては検査を受けた後、微量の出血を起こす方もいるという注意点があるので、万が一に備えて生理用ナプキンなどを用意しておいたほうが良いでしょう。また出血を起こしているような場合は特に、検査後すぐの性交渉などは控えておいたほうが無難です。また子宮入り口を綿棒などでこすり取り、がん細胞検査をするので、その刺激で少し出血したりお腹が痛くなる女性もいるようです。

子宮がん検診前日のアルコール摂取は厳禁?

健康診断を受ける場合は、前日から食事を制限したり、アルコールの摂取を禁じられることがホトンです。
しかし、子宮がん検診の場合は、特に食事の摂取制限はありません。
アルコールを摂取しても、問題とされることはありません。
しかし、子宮がん検診では、医師による内診があります。
例え前日の食事やアルコールが禁止されていなくても、控えておいた方が良いでしょう。
二日酔いになるほどお酒を飲んで子宮がん検診を受けるのは、あまり良いこととはいえません。
お酒はできるだけ避けて、例え飲まなければいけない状況だったとしても、適切な量に留めておきましょう。
また、食事に関しても、食べ過ぎたりするのは良くありません。
制限されていないからと言って、暴飲暴食はやめておきましょう。
前日の食事制限については、子宮がん検診の予約をしたときに、病院のスタッフに確認をしてください。
スタッフの指示を守り、制限がなくても自制しておけば、問題になることはありません。