子宮がん検診体験者に聞いた!子宮がん検診のメリット

子宮がん検診体験者に聞いた!子宮がん検診のメリット

女性は三十代ともなれば、毎年子宮がん検診を受けたほうが良いといわれていますが、婦人科という場所は非常にデリケートな部位を診てもらう科でもあるので、よほどの不調がない限り、なかなか診察を受けようという決心がつかない方も多いようです。子宮がん検診は、そのついでに生理時の心配事やおりものトラブル、デリケートゾーンのかゆみなど、普段不安に感じていることを専門医に聞くことができるというメリットもあるので、積極的に受けるように心がけたいものです。子宮がん検診で、がん以外の筋腫や嚢胞などが見つかる女性も多く、あまり自覚症状がない状態で発見されるというケースも珍しくはないので、そういった疾患も早期に適切な治療を受けることが出来れば、生理痛の軽減や将来の不妊症の確率を減らすことにもつながります。検診では問診もとても大切な診断要素となるので、自分の生理周期や経血量、生理痛の有無、不正出血など、普段から記録に残しておくことが大切です。

評判の良い子宮がん検診施設の特徴

子宮がんは40代後半以降の女性に多い病気です。近年若い女性に増えている子宮頚がんとはまた少し違うものです。子宮がんを疑う兆候としては、月経や排卵日以外の不正出血や下腹部の痛みです。ホルモンバランスの変化やストレスなどにより不正出血することはありますが、頻繁におりものに血が混じったり、ピンクのおりものが出るときは注意が必要です。少しでも自分の体に異常を感じたら子宮がん検診を受けましょう。子宮がん検診はたいていの産婦人科で行うことができますが、評判が良いところで受けると良いでしょう。評判の悪い所など検査を受けても、異常を見つけてもらえずに病気を見逃すことになります。良い産婦人科の共通点としては、患者の話をしっかりと聞いてくれるという点にあります。患者自身が感じている異常が一番病気を発見する手掛かりになるのに、それをあまり聞かずに検査だけする病院はあまり信用できません。症状が進行しないように早めに検査を受けましょう。

 

子宮がん検診をお探しならイーク表参道がおすすめ