子宮がん検診は30歳から受けるべき?

子宮がん検診は30歳から受けるべき?

子宮がん検診は30歳から受けるべき?という答えは半分合っています。しかし実際は子宮がんのうち子宮頸がんは20代から増加しています。子宮頸がんは若い人ほどなりやすく、高年齢の婦人はむしろ子宮体がんのほうが多いのです。
早期発見なら前がん状態でみつけることもでき治癒率が高くなります。20代から子宮がん検診を受けても早すぎることはありません。20歳をすぎたら2年に一回の感覚で子宮がん検診を受けることをおすすめします。厚生労働省は30代から行なっていた検診の年齢を20代に引き下げました。しかし、検診率はなかなか上がらないのが現状です。早期に治療すれば100パーセント治癒しますし、妊娠や出産もすることが可能になります。基本的には病院での検査になりますが、抵抗のある人は自分でできる検査キッドもあります。もしくは各自治体の行う子宮がん検診もあります。各自治体の検査は無料もしくは低料金で検査が受けられます。

どんな人が子宮がん検診を受けるべき?

子宮がん検診を受けたほうが良い人は、月経の際に出血量が異常に多かったり激しい痛みが伴う場合、そしておりものに異常がみられる、月経時以外でも下腹部に痛みがあるなど普段とは症状が異なった場合には病院を受診し、医師と相談して受けるべきです。

子宮頸がんは初期の段階では症状が出ないことが多いため、年齢が若い早いうちに性経験があったり早婚だった人、妊娠の回数が多い場合などに子宮がん検診を受けるべきです。

子宮体がんは、50歳以上になった場合に発症のリスクが高くなるため受けておいた方が良くなります。他にも閉経した後、不正出血がみられる場合、そして妊娠の経験がなく月経不順が続く場合もで、肥満の人も注意が必要となるため、受けたほうが良くなります。

ある程度の年齢になると、女性には自治体から集団検診の通知が送られてきます。指定されている病院ではお得に子宮がん検診を受けることができるため、通知が来たことをきっかけに受けるのも良い方法です。