子宮がん検診にオプション料金ってある?

子宮がん検診にオプション料金ってある?

一般的に、子宮がん検診と言われるのは、子宮頸がん検診のことを指し、子宮の入り口にガンができていないかどうかを主に調べる検診です。がんをはじめとする婦人科の病気を早期発見するためには、この子宮がん検診を受診することが必須ですが、年齢や自覚症状、それに病歴によっては、その他の検診も受けることが推奨されています。そのため、子宮がん検診にはオプション料金があり、もっと詳しい検査や、卵巣がんにも対応した検査を受けることができるようになっています。
子宮がん検診には、子宮頚部細胞診と言うオプションが設定されていることが多くあります。これは血液を採取して腫瘍マーカーによりがん細胞の有無を検査するもので、子宮や卵巣にがんが発生していないか、詳しく調べることができます。
また、MRIと言う検査もオプション料金で設定されています。この検査は、骨盤や子宮、卵巣を3次元画像として精密に映し出すことができる検査です。この検査を受けることで、子宮だけではなく、卵巣の異常を早期に発見したり、異常が見つかった後の経過観察を行うことができます。

必見!子宮がん検診の割引制度

若い女性であれば受けておきたい検診のひとつとして、子宮がん検診が挙げられます。子宮がんは、子宮の出口付近にできる子宮頚がんと、胎児が入る子宮体の部分にできる子宮体がんの両方があり、いずれも医師の内診や細胞検査、エコー検査などによって早期発見を行うものです。このなかでも、特に子宮頚がんについては、性交渉の結果として子宮頚がんウイルスに感染した若い女性に発症するケースが多いことから、国では早期発見・早期治療に向けた子宮がん検診の普及に力を入れています。子宮がん検診を受診するには当然のこととして検査料金がかかりますが、国による割引制度も設けられていますので、要件に該当する場合には積極的に利用したほうがよいでしょう。この制度は、住んでいる市町村が窓口となって、子宮頚がんのほうの検診に限って、特定の年齢に達した女性に対して、無料のクーポン券が配布されるというものです。もし該当しない場合であっても、会社の健康保険組合などが独自の助成制度を設けている場合もありますので、職場を通じて確認するとよいでしょう。