子宮がん検診で行う検査内容とは

子宮がん検診で行う検査内容とは

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり、検査方法や内容が異なります。
一般的に子宮がん検診といわれているのは子宮の入り口である子宮頸がんの検診です。
HPVというウイルスに長期感染することでがん細胞に変異し発症します。
まず問診で生理の様子や自覚症状がないかを聞き、膣鏡を使って子宮頸部の状態を確認します。
大き目の綿棒ややわらかいヘラのようなもので子宮頸部を軽くこすって採取し、異常な細胞がないか、発がん性HPVウイルスに感染していないかを調べます。
この結果、要精密検査になった場合コルポ診、組織診といった検査を行います。
子宮がん検診で医師が必要と判断した場合には子宮体がん検診が同時に行われることがあります。
出血や下腹部の痛みがないかを問診し、経腟超音波で子宮内や卵巣に異常がないかを調べます。
子宮体がんは子宮頚管の奥にできるため、子宮頸がんの細胞診よりも細長いヘラ状の器具で内膜表面の細胞を採取します。

子宮がん検診の検査項目と検査時間について

日本人の平均寿命は年々伸びつつあります。しかし、そうした状況においても、所謂老衰により天寿を全うするという人はごく少数です。
日本人の死因の中で、大きな割合を占めるのががんですが、これは早期に発見することでその症状の進行を食い止めることができるものです。
特に女性特有のがんとして、子宮がんや乳がんと呼ばれるものがありますが、比較的若い世代で合ってもこうした病気にかかる人は決して少なくありません。
適切な対処を早急に行うためには定期的な子宮がん検診や人間ドックを受診するのが有効な方法です。
子宮がん検診に対応する医療機関は増えてきており、病院によってそれぞれ検査項目や検査にかかる時間に違いがあります。
一泊して多くの検査を行い、子宮がんだけでなく様々な箇所のがんを検査できるものから、半日ほどの時間でピンポイントな検査を行うものまで、その種類は非常に多様なものとなっています。
自分の生活リズムや仕事の都合などの合わせて医療機関や検査プランを選ぶことができるのが大きなメリットです。

 

子宮がん検診の病院を検索、予約するならマーソ(MRSO)で決まり!