長崎・若松の子宮がん検診事情

長崎の子宮がん検診事情

全国の中でも女性の死亡率の中で圧倒的にガンが多くなっているという統計結果が出ているのが長崎です。
そういったこともあり、長崎では特定年齢の方に子宮がんをはじめ乳がんや大腸がんの無料クーポン券と検診手帳をお送っているとのことです。
女性ホルモンのバランスが崩れることが主な原因とされ子宮内部にできる子宮体がんは閉経以降に多く見られ
ウィルス感染が原因とされ子宮の入り口にできる頸がんは20代・30代に多いようです。
そこで、長崎における子宮がん検診は市内に住んでいる20歳以上の女性を対象に2年に1回行われています。
検査項目は視診・子宮頸部の細胞診・内診となっています。
症状の出ない臓器として子宮はも有名なので、子宮がんが進行していることもありますから、子宮がん検診を受診することをお勧めします。
検診受診可能医療機関も市内にはたくさんありますし、基本的には頚癌で1,000円、頚癌・体癌で1,700円必要となる検査費も先に言った無料クーポン券のほか後期高齢者医療被保険者など特定の方であれば検診費用も無料になりますから、詳しく調べてみることもお勧めします。

若松の子宮がん検診事情

福島県会津若松市の子宮がん検診についてお話します。
若松市で行う子宮がん検診の内容は、「子宮頸部の細胞検査」に限定されます。この検査の対象となるのが、「20歳以上の偶数年齢及び前年度未受診者の女性」という条件がつきます。対象年齢は、平成27年3月31日までの満年齢ということになりますので、この点には注意してください。
検診が行われる場所は、各医療機関ということになりますが、若松市の子宮がん検診の受診を希望される女性は、「受診券」が必要になります。受診券を持っていない方は、市役所のほうに申請していただければ発行することができます。
受信料は一律1,400円です。一般の受信料に比べればはるかに低料金ですから、積極的に受診するようにしてください。
子宮がんは、発見が遅れることで致命的な病気になり得る、非常に怖い病気ですから、条件が当てはまる市内在住の女性はぜひこの機会に子宮がん検診を受診していただきたいものです。