子宮がん検診:結果がでるまで何日かかるの?

子宮がん検診:結果がでるまで何日かかるの?

「子宮がん検診」とは、性交渉で感染するヒトパピローマウイルスが原因で起こる子宮頸がんや子宮体部のがんの検査のことです。
性交経験が1回でもあれば、10代の方であっても、毎年受けてほしい検査です。
子宮がん検診の結果は一般的に7日~10日の日数で結果が出ます。ベセスタ分類やクラス分類があり、異常が発見された場合は、追加での検査が必要となります。その結果によっては、治療が必要なもの、又は3ヶ月~半年など定期的な検査が必要になります。全く問題の無かった方は、1年~2年に一度の検診をお勧めします。
宮頸がんは、初期状態のうちに治療をすれば、治癒率は100%とされており、早期発見が重要です。早期発見のためにも、全く自覚症状がなくても、検診を受けることが何よりも大切です。
子宮がん検診は、市区町村の自治体で公費で受けることが可能ですが、20歳以上の方が対象です。しかし、先ほども述べたように、10代の方でも性交経験のある方は、自費でも一度は受けることをお勧めします。

子宮がん検診の結果と再検査になる場合

子宮がんは、乳がんに次いで発症率・死亡率が高い女性特有のがんです。大きくは子宮頸がんと子宮体がんに分別されますが、どちらにしろ内診があるので、つい子宮がん検診の受診を見送ってしまう女性が多いようです。
子宮がん検診では、膣内に柔らかいヘラのようなものを入れ、細胞を採取します。結果は概ね二週間程度でわかります。日本では細胞診の結果を「日母分類」という独自の判定方法で出しており、クラスⅠ〜Ⅴまでに分類されます。クラスⅠ・Ⅱはどちらも心配ありません。クラスⅢは「悪性を疑うが判定はできない擬陽性」、クラスⅣ・Ⅴは「がんと想定される陽性」となっています。がんの進行を示すステージとは別物ですので注意しましょう。
一般的に子宮がん検診を受けた人の95%は陰性、残り5%が擬陽性、または陽性ですが、実際にがんと診断されるのはその中でもごく少数です。大体は自然に消える異形成や良性の異常であることが多いようです。決して「再検査」=「がん」ではありません。
子宮がん検診を受けることで前癌病変を見つけることが可能です。早期発見できれば、子宮摘出をせずに治療することもできますので、積極的に受診しましょう。

子宮がん検診は30歳から受けるべき?

子宮がん検診は30歳から受けるべき?

子宮がん検診は30歳から受けるべき?という答えは半分合っています。しかし実際は子宮がんのうち子宮頸がんは20代から増加しています。子宮頸がんは若い人ほどなりやすく、高年齢の婦人はむしろ子宮体がんのほうが多いのです。
早期発見なら前がん状態でみつけることもでき治癒率が高くなります。20代から子宮がん検診を受けても早すぎることはありません。20歳をすぎたら2年に一回の感覚で子宮がん検診を受けることをおすすめします。厚生労働省は30代から行なっていた検診の年齢を20代に引き下げました。しかし、検診率はなかなか上がらないのが現状です。早期に治療すれば100パーセント治癒しますし、妊娠や出産もすることが可能になります。基本的には病院での検査になりますが、抵抗のある人は自分でできる検査キッドもあります。もしくは各自治体の行う子宮がん検診もあります。各自治体の検査は無料もしくは低料金で検査が受けられます。

どんな人が子宮がん検診を受けるべき?

子宮がん検診を受けたほうが良い人は、月経の際に出血量が異常に多かったり激しい痛みが伴う場合、そしておりものに異常がみられる、月経時以外でも下腹部に痛みがあるなど普段とは症状が異なった場合には病院を受診し、医師と相談して受けるべきです。

子宮頸がんは初期の段階では症状が出ないことが多いため、年齢が若い早いうちに性経験があったり早婚だった人、妊娠の回数が多い場合などに子宮がん検診を受けるべきです。

子宮体がんは、50歳以上になった場合に発症のリスクが高くなるため受けておいた方が良くなります。他にも閉経した後、不正出血がみられる場合、そして妊娠の経験がなく月経不順が続く場合もで、肥満の人も注意が必要となるため、受けたほうが良くなります。

ある程度の年齢になると、女性には自治体から集団検診の通知が送られてきます。指定されている病院ではお得に子宮がん検診を受けることができるため、通知が来たことをきっかけに受けるのも良い方法です。

子宮がん検診を受けた後に注意すること

子宮がん検診を受けた後に注意すること

女性は子宮という特別な臓器を持っていることから、三十代に入れば、子宮がん検診を定期的に受けるべきだという運動が推奨されており、近年では各自治体のほうからも、無料クーポン券付きの検診の案内を配布するなど、より女性たちに検診の大切さを知ってもらおうと積極的に動いています。そんな子宮がん検診は、問診の後、実際に医師が触診や超音波検査を行い、子宮内に異常がないかどうかをしっかりと診察します。検査の内容としては、子宮内に器具を挿入することもあり、体質によっては検査を受けた後、微量の出血を起こす方もいるという注意点があるので、万が一に備えて生理用ナプキンなどを用意しておいたほうが良いでしょう。また出血を起こしているような場合は特に、検査後すぐの性交渉などは控えておいたほうが無難です。また子宮入り口を綿棒などでこすり取り、がん細胞検査をするので、その刺激で少し出血したりお腹が痛くなる女性もいるようです。

子宮がん検診前日のアルコール摂取は厳禁?

健康診断を受ける場合は、前日から食事を制限したり、アルコールの摂取を禁じられることがホトンです。
しかし、子宮がん検診の場合は、特に食事の摂取制限はありません。
アルコールを摂取しても、問題とされることはありません。
しかし、子宮がん検診では、医師による内診があります。
例え前日の食事やアルコールが禁止されていなくても、控えておいた方が良いでしょう。
二日酔いになるほどお酒を飲んで子宮がん検診を受けるのは、あまり良いこととはいえません。
お酒はできるだけ避けて、例え飲まなければいけない状況だったとしても、適切な量に留めておきましょう。
また、食事に関しても、食べ過ぎたりするのは良くありません。
制限されていないからと言って、暴飲暴食はやめておきましょう。
前日の食事制限については、子宮がん検診の予約をしたときに、病院のスタッフに確認をしてください。
スタッフの指示を守り、制限がなくても自制しておけば、問題になることはありません。

評判の良い子宮がん検診人気施設ランキング

評判の良い子宮がん検診人気施設ランキング

子宮がん検診は子宮の外側や内側に発症するがんの早期発見を行う目的で利用するがん検診です。
また、この検診を受診する事でガンだけではなく、子宮筋腫や卵巣嚢腫と言った病気の早期発見にも役立てることが出来ると言います。

尚、子宮がん検診と言うのは内診が行われるのが特徴で、人気施設などでは内診台に上がった後は、カーテンを閉めて医師が検診を受ける女性の顔と合わさないような工夫を行ってくれます。

因みに、内診と言うのは子宮頸部や膣の内部などの場所に、出血が無いか、ただれが生じていないかと言った検査を行うものであり、目視の状態で行われる検査です。
そのため、医師の顔が見えることで恥ずかしさを感じてしまう事からも、人気施設ではカーテンを閉めるなどの配慮を行ってくれます。

また、インターネットの中にはランキングが設けられており、それぞれの地域毎の人気施設などの特徴や口コミ評判などを見ることが出来るようになっています。

子宮がん検診おすすめ施設のこだわりと特徴

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんの2つが在ると言います。
子宮頸がんは性行為を行った経験を持つ女性全てにリスクが在ると言われており、最近は若い女性でも子宮頸がんの発症率が高くなっていると言います。
また、子宮体がんは50歳代がピークと言われており、子宮がん検診を受診する事でガンの早期発見が出来ます。

尚、子宮がん検診には、子宮頸部細胞診、子宮体部細胞診、経膣エコー(超音波)、骨盤腔MRIと言った検査方法が用意されており、い何れかの検査を受診する事でガンの早期発見が可能になると言いますが、骨盤腔MRI以外の検査は月経時は行うことが出来ませんので、子宮がん検診を受診する場合は月経との相談となります。

尚、デリケートな部位、恥ずかしい部位と言う事からも、検査を受診する女性のために病院や検査施設はそれぞれこだわりを持ったところが多いのが特徴です。
また、検査を行う内診台などはカーテンで仕切られているため、内診時に検査医師と顔を合わせいなど、おすすめの病院施設も多く在ります。

病院お役立ち情報~子宮がん検診編

病院お役立ち情報~子宮がん検診編

子宮がん検診をこれから受けたいと思っておられる女性も沢山いらっしゃることでしょう。しかし特に初めて子宮がん検診を受けるという女性にとっては、この検査を受けるにはとても緊張することでしょうし、色々とお役立ち情報があれば知りたいと思われるものです。
まず子宮がん検診は痛いのか?といった疑問を持つ女性は一番多いです。結論から言えば子宮頸がん検査であればそれほど痛みはありませんし、子宮体がん検査であれば多少は痛いというのが答えです。いずれも陣痛や出産の時の痛みに比べれば取るに足らない程の痛みですので、それほど緊張せずに受けることが出来るものと言えます。
それから検診の時はやはり下着も全て脱ぐ必要があるのか?という疑問を持つ人も多いです。当然子宮がんの検診になりますので、下着は脱ぐことになります。そして検診の日はなるべくパンツスタイルではなくスカートでいく方がいいです。何故ならパンツですとパンツも下着も全て脱ぐ必要がありますが、スカートの場合は下着だけ脱げばいいからです。

最低限知っておきたい!子宮がん検診の知識

食生活の欧米化、若いときから性交渉をする人が昔に比べると多くなった結果、子宮がんに罹患する人が年々増えています。

子宮がん検診には子宮頸がん検診と、子宮がん体がん検診があります。

そこで性交渉をしたことがある人は20代ぐらいから、子宮がん検診を受けたほうがよいといわれます。

子宮頸がんは性交渉のとき、男性のウイルスから感染する場合もあるとされており、性交渉をしたことがある人なら、年に1度は子宮頸がん検診を受けたほうがいいという知識を最低限もつべきです。

また40代後半近くになると、子宮の奥のほうの子宮体がんになる人のほうが増えてくるので、子宮体がんの検診もあわせてやっておくほうが安心です。

不正出血、生理不順、おりものの変化などちょっとした異変があれば、婦人科を受診し先生と相談したり、内診や必要な検査をする必要があります。

がんは早期発見早期治療で、体に対する負担もあまりなく治せるし、治療ほうも選ぶことができます。